2014年4月20日主日礼拝(イースター)のお知らせ

✰4月20日(日) 11時~12時

✰招詞 ガラテヤの信徒への手紙 2章20節

✰交読文 43

✰宣教 宣教題「主イエスの約束」宣教: 森淳一牧師

✰聖書箇所 ヨハネによる福音書14章15節~24節

1、「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。

2、わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。

3、この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなた方はこの霊を知っている。この霊があなた方と共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。

4、わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。

5、しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。

6、かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたが私の内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。

7、わたしの掟を受け入れ、それを守る人は、わたしを愛する者である。わたしを愛する人は、わたしの父に愛される。わたしもその人を愛して、その人にわたし自身を現す。」

8、イスカリオテでない方のユダが、「主よ、わたしたちにはご自身を現そうとなさるのに、世にはそうなさらないのは、なぜでしょうか」と言った。

9、イエスは、こう答えて言われた。「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしはその人のところに行き、一緒に住む。

10、わたしを愛さない者は、わたしの言葉を守らない。あなたがたが聞いている言葉はわたしのものではなく、わたしをお遣わしになった父のものである。

(聖書新共同訳より)

応答賛美241