2017年1月22日(日) 「いのちの希望」

☆1月22日(日) 11:00~12:15

☆招詞 コリントの信徒への手紙Ⅰ 15:20

☆宣教 森 淳一牧師 「いのちの希望」

☆聖書箇所 マタイによる福音書 9:18〜26

9:18 イエスがこのようなことを話しておられると、ある指導者がそばに来て、ひれ伏して言った。「わたしの娘がたったいま死にました。でも、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、生き返るでしょう。」

9:19 そこで、イエスは立ち上がり、彼について行かれた。弟子たちも一緒だった。

9:20 すると、そこへ十二年間も患って出血が続いている女が近寄って来て、後ろからイエスの服の房に触れた。

9:21 「この方の服に触れさえすれば治してもらえる」と思ったからである。

9:22 イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。「娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った。」そのとき、彼女は治った。

9:23 イエスは指導者の家に行き、笛を吹く者たちや騒いでいる群衆を御覧になって、

9:24 言われた。「あちらへ行きなさい。少女は死んだのではない。眠っているのだ。」人々はイエスをあざ笑った。

9:25 群衆を外に出すと、イエスは家の中に入り、少女の手をお取りになった。すると、少女は起き上がった。

9:26 このうわさはその地方一帯に広まった。

 

(新共同訳)