2017年10月22日(日)「人生からの問い 問われる者として生きる」

☆10月22日(日) 11:00~12:15 

☆招詞 ヨブ記 37:21~22

☆聖書箇所 ヨブ記 38:1〜11

☆宣教 森 淳一牧師 「人生からの問い 問われる者として生きる」

38:1 主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。

38:2 これは何者か。知識もないのに、言葉を重ねて
神の経綸を暗くするとは。

38:3 男らしく、腰に帯をせよ。わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ。

38:4 わたしが大地を据えたとき
お前はどこにいたのか。知っていたというなら
理解していることを言ってみよ。

38:5 誰がその広がりを定めたかを知っているのか。誰がその上に測り縄を張ったのか。

38:6 基の柱はどこに沈められたのか。誰が隅の親石を置いたのか。

38:7 そのとき、夜明けの星はこぞって喜び歌い
神の子らは皆、喜びの声をあげた。

38:8 海は二つの扉を押し開いてほとばしり
母の胎から溢れ出た。

38:9 わたしは密雲をその着物とし
濃霧をその産着としてまとわせた。

38:10 しかし、わたしはそれに限界を定め
二つの扉にかんぬきを付け

38:11 「ここまでは来てもよいが越えてはならない。高ぶる波をここでとどめよ」と命じた。

(新共同訳)