2017年7月30日(日)「神にある命を生きる」

2017年7月30日(日)「神にある命を生きる」

☆7月30日(日) 11:00~12:15 

☆招詞 詩編 37:23~24

☆聖書箇所 創世記 3:20〜4:1

☆宣教 森 淳一牧師 「神にある命を生きる」

3:20 アダムは女をエバ(命)と名付けた。彼女がすべて命あるものの母となったからである。

3:21 主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。

3:22 主なる神は言われた。「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。」

3:23 主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、彼に、自分がそこから取られた土を耕させることにされた。

3:24 こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。

4:01 さて、アダムは妻エバを知った。彼女は身ごもってカインを産み、「わたしは主によって男子を得た」と言った。

(新共同訳)