2017年8月13日(日)「鳩はオリーブの葉をくわえて」

☆8月13日(日) 11:00~12:15 

☆招詞 マタイによる福音書 5:26

☆聖書箇所 創世記 8:1〜22

☆宣教 森 淳一牧師 「鳩はオリーブの葉をくわえて」

8:1 神は、ノアと彼と共に箱舟にいたすべての獣とすべての家畜を御心に留め、地の上に風を吹かせられたので、水が減り始めた。

8:2 また、深淵の源と天の窓が閉じられたので、天からの雨は降りやみ、

8:3 水は地上からひいていった。百五十日の後には水が減って、

8:4 第七の月の十七日に箱舟はアララト山の上に止まった。

8:5 水はますます減って第十の月になり、第十の月の一日には山々の頂きが現れた。

8:6 四十日たって、ノアは自分が造った箱舟の窓を開き、

8:7 烏を放した。烏は飛び立ったが、地上の水が乾くのを待って、出たり入ったりした。

8:8 ノアは鳩を彼のもとから放して、地の面から水がひいたかどうかを確かめようとした。
  
8:9 しかし、鳩は止まる所が見つからなかったので、箱舟のノアのもとに帰って来た。水がまだ全地の面を覆っていたからである。ノアは手を差し伸べて鳩を捕らえ、箱舟の自分のもとに戻した。

8:10 更に七日待って、彼は再び鳩を箱舟から放した。

8:11 鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。

8:12 彼は更に七日待って、鳩を放した。鳩はもはやノアのもとに帰ってこなかった。

8:13 ノアが六百一歳のとき、最初の月の一日に、地上の水は渇いた。ノアは箱舟の覆いを取り外して眺めた。見よ、地の面は乾いていた。

8:14 第二の月の二十七日になると、地は乾いた。

8:15 神はノアに仰せになった。

8:16 「さあ、あなたもあなたの妻も、息子も嫁も、皆一緒に箱舟から出なさい。

8:17 すべて肉なるもののうちからあなたのもとに来たすべての動物、鳥も家畜も地を這うものも一緒に連れ出し、地に群がり、地上で子を産み、増えるようにしなさい。」

8:18 そこで、ノアは息子や妻や嫁と共に外へ出た。

8:19 獣、這うもの、鳥、地に群がるもの、それぞれすべて箱舟から出た。

8:20 ノアは主のために祭壇を築いた。そしてすべての清い家畜と清い鳥のうちから取り、焼き尽くす捧げ物として祭壇の上にささげた。

8:21 主は宥めの香りをかいで、御心に言われた。
   「人に対して大地を呪うことは二度とすまい。人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。わたしは、この度したように生き物をことごとく打つことは、二度とすまい。

8:22 地の続くかぎり、種蒔きも刈り入れも、寒さも暑さも、夏も冬も、昼も夜も、やむことはない。」

(新共同訳)