2018年7月8日(日)「神の呼びかけに応えて」

☆7月8日(日) 11:00~12:15 

☆招詞 コリントの信徒への手紙一 1:22〜24

☆聖書箇所 創世記 12:1~9

☆宣教 森 淳一牧師 「神の呼びかけに応えて」

12:1 主はアブラムに言われた。「あなたは生まれ故郷父の家を離れてわたしが示す地に行きなさい。

12:2 わたしはあなたを大いなる国民にしあなたを祝福し、あなたの名を高める祝福の源となるように。

12:3 あなたを祝福する人をわたしは祝福しあなたを呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべてあなたによって祝福に入る。」

12:4 アブラムは、主の言葉に従って旅立った。ロトも共に行った。アブラムは、ハランを出発したとき七十五歳であった。

12:5 アブラムは妻のサライ、甥のロトを連れ、蓄えた財産をすべて携え、ハランで加わった人々と共にカナン地方へ向かって出発し、カナン地方に入った。

12:6 アブラムはその地を通り、シケムの聖所、モレの樫の木まで来た。当時、その地方にはカナン人が住んでいた。

12:7 主はアブラムに現れて、言われた。「あなたの子孫にこの土地を与える。」アブラムは、彼に現れた主のために、そこに祭壇を築いた。

12:8 アブラムは、そこからベテルの東の山へ移り、西にベテル、東にアイを望む所に天幕を張って、そこにも主のために祭壇を築き、主の御名を呼んだ。

12:9 アブラムは更に旅を続け、ネゲブ地方へ移った。

(新共同訳)

【写真:神学校週間をおぼえ、礼拝の中で壮年会の特別讃美が捧げられました(7月1日)】