2019年5月12日(日)「何を見て生きるのか?」

種無しパン

☆5月12日(日)11:00〜12:15

☆招詞 詩編 8:4~5 

☆聖書箇所 ガラテヤの信徒への手紙 3:1〜6

☆宣教 森 淳一牧師 「何を見て生きるのか?」

3:1 ああ、物分かりの悪いガラテヤの人たち、だれがあなたがたを惑わしたのか。目の前に、イエス・キリストが十字架につけられた姿ではっきり示されたではないか。

3:2 あなたがたに一つだけ確かめたい。あなたがたが“霊”を受けたのは、律法を行ったからですか。それとも、福音を聞いて信じたからですか。

3:3 あなたがたは、それほど物分かりが悪く、“霊”によって始めたのに、肉によって仕上げようとするのですか。

3:4 あれほどのことを体験したのは、無駄だったのですか。無駄であったはずはないでしょうに……。

3:5 あなたがたに“霊”を授け、また、あなたがたの間で奇跡を行われる方は、あなたがたが律法を行ったから、そうなさるのでしょうか。それとも、あなたがたが福音を聞いて信じたからですか。

3:6 それは、「アブラハムは神を信じた。それは彼の義と認められた」と言われているとおりです。

(新共同訳聖書)

【毎月第一主日の礼拝で行われる主の晩餐式。教会の姉妹が作る種無しパンで晩餐の恵みを分かち合います】