2019年9月1日(日)「いのちに寄り添う神」

☆9月1日(日)11:00〜12:15

☆招詞 ルカによる福音書 12:22~24

☆聖書個所 ルツ記 1:1〜10

☆宣教 森 淳一牧師「いのちに寄り添う神」

1:1 士師が世を治めていたころ、飢饉が国を襲ったので、ある人が妻と二人の息子を連れて、ユダのベツレヘムからモアブの野に移り住んだ。

1:2 その人は名をエリメレク、妻はナオミ、二人の息子はマフロンとキルヨンといい、ユダのベツレヘム出身のエフラタ族の者であった。彼らはモアブの野に着き、そこに住んだ。

1:3 夫エリメレクは、ナオミと二人の息子を残して死んだ。

1:4 息子たちはその後、モアブの女を妻とした。一人はオルパ、もう一人はルツといった。十年ほどそこに暮らしたが、

1:5 マフロンとキルヨンの二人も死に、ナオミは夫と二人の息子に先立たれ、一人残された。

1:6 ナオミは、モアブの野を去って国に帰ることにし、嫁たちも従った。主がその民を顧み、食べ物をお与えになったということを彼女はモアブの野で聞いたのである。

1:7 ナオミは住み慣れた場所を後にし、二人の嫁もついて行った。故国ユダに帰る道すがら、

1:8 ナオミは二人の嫁に言った。「自分の里に帰りなさい。あなたたちは死んだ息子にもわたしにもよく尽くしてくれた。どうか主がそれに報い、あなたたちに慈しみを垂れてくださいますように。

1:9 どうか主がそれぞれに新しい嫁ぎ先を与え、あなたたちが安らぎを得られますように。」ナオミが二人に別れの口づけをすると、二人は声をあげて泣いて、

1:10 言った。「いいえ、御一緒にあなたの民のもとへ帰ります。」

(新共同訳聖書)