2015年3月8日(日) 主日礼拝のご案内「信仰と行い」

☆3月8日(日) 11:00 – 12:15

☆招詞 ヨハネによる福音章16:33

☆宣教題 「信仰と行い」

☆宣教 森 淳一牧師

☆聖書箇所 ヤコブの手紙2:14 – 26

 

行いを欠く信仰は死んだもの

14 わたしの兄弟たち、自分は信仰を持っていると言う者がいても、行いが伴わなければ、何の役に立つでしょうか。そのような信仰が、彼を救うことができるでしょうか。

15 もし、兄弟あるいは姉妹が、着る物もなく、その日の食べ物にも事欠いているとき、

16 あなたがたのだれかが、彼らに、「安心して行きなさい。温まりなさい。満腹するまで食べなさい」と言うだけで、体に必要なものを何一つ与えないなら、何の役に立つでしょう。

17 信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。

18 しかし、「あなたには信仰があり、わたしには行いがある」と言う人がいるかもしれません。行いの伴わないあなたの信仰を見せなさい。そうすれば、わたしは行いによって、自分の信仰を見せましょう。

19 あなたは「神は唯一だ」と信じている。結構なことだ。悪霊どももそう信じて、おののいています。

20 ああ、愚かな者よ、行いの伴わない信仰が役に立たない、ということを知りたいのか。

21 神がわたしたちの父アブラハムを義とされてのは、息子のイサクを祭壇の上に献げるという行いによってではなかったですか。

22 アブラハムの信仰がその行いと共に働き、信仰が行いによって完成されたことが、これで分かるでしょう。

23 「アブラハムは神を信じた。それが彼の義と認められた』という聖書の言葉が実現し、彼は神の友と呼ばれたのです。

24 これであなたがたも分かるように、人は行いによって義とされるのであって、信仰だけによるのではありません。

25 同様に、娼婦ラハブも、あの使いの者たちを家に迎え入れ、別の道から送り出してやるという行いによって、義とされたではありませんか。

26 魂のない肉体が死んだ者であるように、行いを伴わない信仰は死んだものです。

(新共同訳聖書)

来月4月5日(日)はイースター礼拝です。教会が初めての方も大歓迎!一緒に讃美をささげましょう。

来月4月5日(日)はイースター礼拝です。教会が初めての方も大歓迎!一緒に讃美をささげましょう。