2020年9月6日(日)主日礼拝「共に生きる者となるために」

☆9月6日(日)11:00〜12:15

☆招詞 Ⅱコリント 1章7節

☆聖書個所 出エジプト記 13章17節~22節

☆宣教 森 淳一牧師「共に生きる者となるために」

13:17さて、ファラオが民を去らせたとき、神は彼らをペリシテ街道には導かれなかった。それは近道であったが、民が戦わねばならぬことを知って後悔し、エジプトに帰ろうとするかもしれない、と思われたからである。

13:18 神は民を、葦の海に通じる荒れ野の道に迂回させられた。イスラエルの人々は、隊伍を整えてエジプトの国から上った。

13:19モーセはヨセフの骨を携えていた。ヨセフが、「神は必ずあなたたちを顧みられる。そのとき、わたしの骨をここから一緒に携えて上るように」と言って、イスラエルの子らに固く誓わせたからである。

13:20一行はスコトから旅立って、荒れ野の端のエタムに宿営した。

13:21 主は彼らに先立って進み、昼は雲の柱をもって導き、夜は火の柱をもって彼らを照らされたので、彼らは昼も夜も行進することができた。

13:22昼は雲の柱が、夜は火の柱が、民の先頭を離れることはなかった。

(新共同訳聖書)